活躍する女性ITエンジニアたち

女性ネットワークエンジニアとしてフリーランスを目指す人へ

女性エンジニアとしてIT業界で活躍しよう!

ネットワークエンジニアがチャンス

フリーランスになるなら

フリーランスを目指す女性ネットワークエンジニア向けのお役立ち情報を紹介します。ネットワークエンジニアは人手不足ですから、フリーエンジニア向けの求人案件も豊富です。スキルに応じて高額報酬も狙えるため、独立しても成功しやすい分野と言ってよいでしょう。時間や場所に縛られることもなく、全てを自分の采配で決められるようになります。ただし、生活の保障、保険、将来の備え、税金や事務作業、契約など、何もかもが自己責任になるという厳しさを受け止める覚悟が必要です。

圧倒的な仕事スピード

圧倒的な仕事スピード

フリーランスとして活躍する人の中には、信じられないような仕事量をこなしている例も珍しくありません。まず仕事の早い人は、仕事の中で取捨選択をしており、処理にメリハリがあります。また要領良く仕事を次々とこなすには、仕事の勘所を捉えておくことが必要であり、重要なポイントさえ外さなければ、全体としての完成度は8割で満足するなど割り切っています。更に仕事に熱心に取り組みながら、その集中力が長く持続するのは、適度に体を動かす習慣と関連があるのかもしれません。

高収入を狙うならフリーランス

高収入を狙うならフリーランス

ネットワーク環境が整備され、また経営戦略として会社の業務の外注化が進んでいることなどから、フリーランスとしての働き方を選ぶ人も増えています。フリーランスになれば、実力次第では会社勤めをするよりも、高収入を期待できるのであり、また何より自由が手に入ります。仕事の完成と引き換えに報酬を得るという契約を、クライアントとの間で結ぶことが通常であるため、仕事を選ぶことも自由、また時間管理も自由というわけです。

フリーランスになる前の注意点

フリーランスになる前の注意点

フリーランスという生き方は確かに自由ですが、その反面、会社勤めのような安定した身分の保証はありません。労災や失業に対して、医療費や生活の補償はありませんし、保険料の支払いや確定申告など、基本的には様々な手続きを自分でしなければなりません。会社を辞めて独立する時には、保険や年金の違いやその手続き、そして開業に際して提出すべき書類や、その提出先などを事前に確認するなど、充分に情報収集をしておきましょう。

これを読んでキャリアウーマンになろう

転職で身に付く専門性

一つの会社に長く勤めるということは、様々な業務を広く浅く経験するという上では良いのかもしれませんが、その反面、専門性が育たないとの指摘もあります。社内で希望するような業務を担当できる保証はなく、また毎日同じような仕事ばかりを繰り返していて、キャリアアップにつながらないということもあります。その点、注意深く相手先企業を選んで転職をすれば、思い通りの将来を手に入れられるチャンスを掴み取ることができるのです。

とことん仕事を楽しむ姿勢

仕事を嫌々やるよりも、楽しむ方が、スピードも上がり、完成度も高まり、ストレスを感じることなく、しかも実力が身に付きます。このようなプラスの相乗効果を自らもたらすために、小さな達成感を積み重ねる日々の工夫が大切です。ゲーム感覚で毎日小さな目標を立てて、それを実現することを習慣付けるのです。まずは苦手を得意に変えることから始めましょう。不測の事態やトラブルですら、楽しめるようになれば、紛れもない本物です。

完璧なスケジュール管理

社会人のマナーの中でも、約束を守るということは基本中の基本です。仕事の納期やアポの日時など、日々いくつもの仕事を抱えている多忙な身にとって、スケジュール管理が最も重要と言えるでしょう。次々と入る仕事の中で、優先順位を常に意識しながら、残業をしなくても済むように、経験からある程度正確に見積もった時間内に、一つ一つの仕事の工程を着実に終わらせることを考えるならば、完璧主義に囚われないことも大切なのです。