活躍する女性ITエンジニアたち

活躍する女性ネットワークエンジニアは休日も勉強しています

女性エンジニアとしてIT業界で活躍しよう!

ネットワークエンジニアがチャンス

将来を見据えて休日も勉強

女性ネットワークエンジニアの勉強法

IT業界という実力主義の世界において、女性も実力次第では男性に勝るとも劣らぬ活躍ができ、またその分収入も待遇も上がるということは、男女を問わず厳しい競争に晒されるということでもあります。ネットワークエンジニアに期待される役割は、ネットワーク全般に及びますが、近年では様々なシステムに対するサイバー攻撃のリスクが高まっており、セキュリティ対策においても大きな責任を負うようになっています。
最新の情報を逐一入手して、自分なりに使える知識やスキルとして身に付けることは大変なことですが、そのような地道な努力なくして実力を評価されることはありません。もっとも次々と開発される新技術や新製品に限らず、様々な現場での対応力を磨くためには、経験が何より重要であり、また自分自身で経験する他にも、上司や先輩などの長年蓄積してきた知恵を活用することも大切です。

質問すること

自分の至らなさを自覚しているのであれば、「誰に」「何を」「どのように」質問すれば良いのかを考えます。質問をする場合には、正しい相手に正しい質問をすることが肝心です。先輩や上司は、百戦錬磨の修羅場を潜り抜けており、その経験を活かさない手はありません。自分自身で経験することも大切ですが、他人の経験であってもそれを自分が経験しているかのように想像することによって、同じような立場に立たされた時に、即座に解決策を導き出すことができるようになります。
もちろん窮地に立たされている正にその時であれば猶更、訳も分からずにやたらと手を出す前に、先輩や上司に助けを求めて、最善策を講じる必要がありますが、そうなる前にあれこれと疑問に思うことは質問をして、知識を我が物としておく貪欲さは必要です。ただし学生のように、ただ単に質問をして返ってくる答えを丸暗記するということではなく、自分なりに一生懸命答えを考えておき、質問をする時には、自分なりの考えを伝えることができるようにしておくことが、社会人としてのマナーでしょう。

日々の学習の積み重ね

ネットワークエンジニアとして、どれほど日々の仕事に追われていても、休日など空いている時間を使って勉強する習慣を身に付けておくことが、実力を磨き続けるためには不可欠です。活躍できる場を自ら広げるためにも、開発現場において認められるためにも、自らの成長を止めてはなりません。もちろん多忙な身に、中々時間を割く余裕がないという嘆きも聞かれますが、自分なりのペースでコツコツと続けることです。そうすることによって疑問が湧き、また上司や先輩に質問することが増え、更に理解が深まるようになるでしょう。

これを読んでキャリアウーマンになろう

転職で身に付く専門性

一つの会社に長く勤めるということは、様々な業務を広く浅く経験するという上では良いのかもしれませんが、その反面、専門性が育たないとの指摘もあります。社内で希望するような業務を担当できる保証はなく、また毎日同じような仕事ばかりを繰り返していて、キャリアアップにつながらないということもあります。その点、注意深く相手先企業を選んで転職をすれば、思い通りの将来を手に入れられるチャンスを掴み取ることができるのです。

とことん仕事を楽しむ姿勢

仕事を嫌々やるよりも、楽しむ方が、スピードも上がり、完成度も高まり、ストレスを感じることなく、しかも実力が身に付きます。このようなプラスの相乗効果を自らもたらすために、小さな達成感を積み重ねる日々の工夫が大切です。ゲーム感覚で毎日小さな目標を立てて、それを実現することを習慣付けるのです。まずは苦手を得意に変えることから始めましょう。不測の事態やトラブルですら、楽しめるようになれば、紛れもない本物です。

完璧なスケジュール管理

社会人のマナーの中でも、約束を守るということは基本中の基本です。仕事の納期やアポの日時など、日々いくつもの仕事を抱えている多忙な身にとって、スケジュール管理が最も重要と言えるでしょう。次々と入る仕事の中で、優先順位を常に意識しながら、残業をしなくても済むように、経験からある程度正確に見積もった時間内に、一つ一つの仕事の工程を着実に終わらせることを考えるならば、完璧主義に囚われないことも大切なのです。