活躍する女性ITエンジニアたち

学生必見!就職活動で悩んでいるならネットワークエンジニアを目指してみては?

女性エンジニアとしてIT業界で活躍しよう!

ネットワークエンジニアがチャンス

就職活動をする学生へ

就職活動をする上で、何を基準に就職先を選らべばよいのか迷っているという人も多いと思います。実際、どんな仕事がしたいのかなんて、そう簡単に見つからないですよね。社会全体の動きとして、「一億総活躍社会」というキーワードを政府が掲げる中、女性の活躍もますます目覚しくなることが想定されます。それであれば、成長性や将来性のある業界・職種を目指すというのは賢い選択のひとつです。今のところ男性の割合が高いIT業界にも女性が増えていくことでしょう。IT業界での活躍を目指すならネットワークエンジニアがおすすめです。

期待される社会進出

期待される社会進出

欧米流の男女平等には程遠いものの、それでも男女雇用均等法の施行以降、女性の社会進出が進んでおり、今では様々な分野で活躍しています。大学を卒業しても、結婚までの腰掛入社ではなく、生涯を通じて勤め続けたり、あるいは自ら起業するなどして、社会に変化をもたらしています。世代間の考え方や意識の違いから、旧態依然とした女性観が残る部分も少なくありませんが、現実の行動を通じて、男女格差が縮まり、お互いに多様な生き方を認め合えるようになれば、より豊かな成熟した社会を実現できるでしょう。

ネットワークエンジニアがチャンス

ネットワークエンジニアがチャンス

近年長引く不況により、男性であっても正社員に就くことが難しく、やむなく派遣や契約社員として働くうちに、どんどん格差が広がっているというのが現状です。そのような中にあって、IT業界は更なる開発競争の激化により、人材不足がいよいよ深刻化しています。たとえ女性であっても、実力主義による評価の下で、男性と対等に仕事ができる環境であり、特に今やその役割の重要性が高まっているネットワークエンジニアなどは狙い目です。

将来を見据えて休日も勉強

将来を見据えて休日も勉強

IT業界では女性も実力次第で活躍できるとはいえ、それは逆に言えば、男女の区別なく、常に熾烈な競争の中で仕事をしているということです。そのため休日であろうと、専門分野に関する勉強を欠かすことができません。IT業界といえば、次々と技術革新が進み、これまでの知識やスキルがたちまち陳腐化してしまうスピードは桁外れですが、その流れに遅れないよう、しかし一時の流行に惑わされずに真の実力を磨くように、たゆまぬ努力が必要なのです。

これを読んでキャリアウーマンになろう

転職で身に付く専門性

一つの会社に長く勤めるということは、様々な業務を広く浅く経験するという上では良いのかもしれませんが、その反面、専門性が育たないとの指摘もあります。社内で希望するような業務を担当できる保証はなく、また毎日同じような仕事ばかりを繰り返していて、キャリアアップにつながらないということもあります。その点、注意深く相手先企業を選んで転職をすれば、思い通りの将来を手に入れられるチャンスを掴み取ることができるのです。

とことん仕事を楽しむ姿勢

仕事を嫌々やるよりも、楽しむ方が、スピードも上がり、完成度も高まり、ストレスを感じることなく、しかも実力が身に付きます。このようなプラスの相乗効果を自らもたらすために、小さな達成感を積み重ねる日々の工夫が大切です。ゲーム感覚で毎日小さな目標を立てて、それを実現することを習慣付けるのです。まずは苦手を得意に変えることから始めましょう。不測の事態やトラブルですら、楽しめるようになれば、紛れもない本物です。

完璧なスケジュール管理

社会人のマナーの中でも、約束を守るということは基本中の基本です。仕事の納期やアポの日時など、日々いくつもの仕事を抱えている多忙な身にとって、スケジュール管理が最も重要と言えるでしょう。次々と入る仕事の中で、優先順位を常に意識しながら、残業をしなくても済むように、経験からある程度正確に見積もった時間内に、一つ一つの仕事の工程を着実に終わらせることを考えるならば、完璧主義に囚われないことも大切なのです。