活躍する女性ITエンジニアたち

実力主義のIT業界は女性エンジニアが活躍しやすい

女性エンジニアとしてIT業界で活躍しよう!

ネットワークエンジニアがチャンス

IT業界は実力主義

IT業界の職場環境

日本で女性が働く職場と言えば、一昔前にはごく限られた範囲に留まっており、しかも寿退社が当たり前とされていたものですが、女性の社会進出が進むにつれて、結婚後も子育て中も仕事を続ける女性や、あるいは子供が手を離れてから復職する女性が増えています。近年目覚ましい進歩を遂げており、またグローバルなネットワーク環境の整備によって、増々その人材不足が深刻化しているIT業界は、数の上から見れば圧倒的な男性中心社会といえるでしょうが、その中で活躍する女性も増えています。
女性にとって、旧態依然とした意識の残る職場よりも、新しい世代の新しい発想を大切にするIT業界などは、むしろ自分が成長しながら働くためには理想的な環境とも言えるのです。欧米流の実力主義の評価体系を導入していたり、在宅勤務やフレックスタイム制などを積極的に採り入れて、労働者の柔軟な働き方を認めつつ、生産効率を高めようと試みるなどといった企業側の思惑も、女性がライフステージに応じて柔軟な働き方を実現するための環境づくりと重なる部分が多く、そのため長く仕事を続けることができることによって、自分なりのキャリアアップを図ることができるということも、女性から働きやすいと評価される一因となっているのです。

実力主義による評価

IT業界では、自分の腕次第という実力主義による評価が主流であり、そこに男女の区別はありません。従って自分の腕を高めることで、女性であっても男性並みの収入を得ることができるのであり、そのため自ら進んで活躍できる場を求めて、転職しようとする傾向が強く見受けられるのも特徴です。
また男性の多い職場では、むしろ女性同士の人間関係の煩わしさを感じなくて済み、適度の距離感を保つことができるということもあります。もともと開発現場ごとのチームに派遣されたり、あるいは一定期間社内に常駐するという形で働くことが多いため、初めてであってもそれなりに人間関係を上手く築くことができる人であれば、IT業界で長く仕事を続けやすいようです。

時間の有効活用

そしてIT業界では、会社の業務のアウトソーシング化が進んでおり、そのため女性がフルタイムでの勤務は難しくても、フリーランスとして仕事を請け負うことができる環境が整いつつあります。実力がありながら、育児や介護に手と時間を取られて、細切れの時間しかないという場合であっても、これまでに磨いた腕を持ち腐れにすることなく、マイペースに仕事を続けることが可能なのです。
もちろん一度仕事を離れたとしても、それまでの資格や技術がその後の復職に役立つのであり、再就職のハードルが比較的低いと言われています。

これを読んでキャリアウーマンになろう

転職で身に付く専門性

一つの会社に長く勤めるということは、様々な業務を広く浅く経験するという上では良いのかもしれませんが、その反面、専門性が育たないとの指摘もあります。社内で希望するような業務を担当できる保証はなく、また毎日同じような仕事ばかりを繰り返していて、キャリアアップにつながらないということもあります。その点、注意深く相手先企業を選んで転職をすれば、思い通りの将来を手に入れられるチャンスを掴み取ることができるのです。

とことん仕事を楽しむ姿勢

仕事を嫌々やるよりも、楽しむ方が、スピードも上がり、完成度も高まり、ストレスを感じることなく、しかも実力が身に付きます。このようなプラスの相乗効果を自らもたらすために、小さな達成感を積み重ねる日々の工夫が大切です。ゲーム感覚で毎日小さな目標を立てて、それを実現することを習慣付けるのです。まずは苦手を得意に変えることから始めましょう。不測の事態やトラブルですら、楽しめるようになれば、紛れもない本物です。

完璧なスケジュール管理

社会人のマナーの中でも、約束を守るということは基本中の基本です。仕事の納期やアポの日時など、日々いくつもの仕事を抱えている多忙な身にとって、スケジュール管理が最も重要と言えるでしょう。次々と入る仕事の中で、優先順位を常に意識しながら、残業をしなくても済むように、経験からある程度正確に見積もった時間内に、一つ一つの仕事の工程を着実に終わらせることを考えるならば、完璧主義に囚われないことも大切なのです。