活躍する女性ITエンジニアたち

社会進出する女性の活躍に期待が集まっています

女性エンジニアとしてIT業界で活躍しよう!

ネットワークエンジニアがチャンス

期待される社会進出

女性の社会進出

男女雇用均等法が施行されて以来、女性の社会進出が本格化し、今や様々な分野において女性の活躍する場が広がっています。高度経済成長を支えたサラリーマン家庭の典型とされた、会社人間の夫と専業主婦の妻という、一昔前の世代とは異なる意識を持ちながら、しかし旧態依然とした女性の役割に悩まされる女性は少なくありません。
男女平等の意識が進んでいる欧米では、女性に限らず社会的なマイノリティを積極的に活用しようという「ダイバーシティ」の考え方が定着しつつあり、実際に企業や社会全体に活力を与えていることを考えれば、世界の潮流から独り取り残されないためにも、まずは女性の社会進出を積極的に評価すべきでしょう。日本は今や世界でも例のないほどの急激な少子高齢化という変化の時代を迎えており、若者の数が減っている以上、何らかの形で人材を確保することが急務という避けられない事情もあります。

男女格差の縮小

多くの女性が社会進出することによって、これまで専業主婦として夫の収入に頼る他なかった女性が、自分自身の手で収入を得る機会が増えます。離婚やシングルマザーになることによって、女性や母子家庭が貧困に陥るという問題が、社会的にも指摘されていますが、その解決には男女の社会的な格差の解消が不可欠です。
女性の活躍が進むことによって、更に女性の能力が開花し、またその価値が評価されることになれば、社会の意識の変化も進みます。現に経済的事情などから、今や結婚後にも仕事を続ける女性は増えており、また男性が積極的に家事を分担したり育児に参加したり、あるいは企業の後押しも受けて育児休暇を取得するなど、家庭内における男女の役割は変化しています。

多様な生き方

現代は核家族化が進んでおり、女性が結婚をして子供が生まれても、親などからの支援を受けにくく、社会から孤立してしまったり、あるいは双方の親の介護の負担を一身に背負うなど、過酷な環境に置かれる場合が少なくありません。男性であっても、正社員として働くことが難しく、やむを得ず派遣や契約社員として働くうちに、収入が低いまま留め置かれてしまうなど、同性内での格差が広がる傾向にあります。しかしその一方で正社員の過労死が問題になったり、うつによる休職や離職が増えるなど、労働環境は悪化しています。
お互いがお互いの立場に理解を示し、男性や女性という性別に関係なく、人それぞれの状況に合せて働き方も生き方も多様化すれば、その労働力を無理なく最大限に活用することができるでしょう。特にライフステージごとに変化する女性側の事情を企業が理解し、柔軟に対応することができるようになるためには、実際に働く女性が増えることが一番です。

これを読んでキャリアウーマンになろう

転職で身に付く専門性

一つの会社に長く勤めるということは、様々な業務を広く浅く経験するという上では良いのかもしれませんが、その反面、専門性が育たないとの指摘もあります。社内で希望するような業務を担当できる保証はなく、また毎日同じような仕事ばかりを繰り返していて、キャリアアップにつながらないということもあります。その点、注意深く相手先企業を選んで転職をすれば、思い通りの将来を手に入れられるチャンスを掴み取ることができるのです。

とことん仕事を楽しむ姿勢

仕事を嫌々やるよりも、楽しむ方が、スピードも上がり、完成度も高まり、ストレスを感じることなく、しかも実力が身に付きます。このようなプラスの相乗効果を自らもたらすために、小さな達成感を積み重ねる日々の工夫が大切です。ゲーム感覚で毎日小さな目標を立てて、それを実現することを習慣付けるのです。まずは苦手を得意に変えることから始めましょう。不測の事態やトラブルですら、楽しめるようになれば、紛れもない本物です。

完璧なスケジュール管理

社会人のマナーの中でも、約束を守るということは基本中の基本です。仕事の納期やアポの日時など、日々いくつもの仕事を抱えている多忙な身にとって、スケジュール管理が最も重要と言えるでしょう。次々と入る仕事の中で、優先順位を常に意識しながら、残業をしなくても済むように、経験からある程度正確に見積もった時間内に、一つ一つの仕事の工程を着実に終わらせることを考えるならば、完璧主義に囚われないことも大切なのです。