活躍する女性ITエンジニアたち

女性ネットワークエンジニアは転職で専門性を身に付ける

女性エンジニアとしてIT業界で活躍しよう!

ネットワークエンジニアがチャンス

転職で身に付く専門性

売り手市場のネットワークエンジニア

近年のネットワーク環境の整備によって、高度IT化社会の実現が一気に加速しようという中、IT業界における人材不足は深刻であり、世界規模において人材の獲得競争が引き起こされています。中でもネットワークエンジニアは、いよいよ高まるサイバー攻撃のリスクなど、セキュリティ分野においても重要な役割をも期待されているのであり、その需要が高まっています。
とはいえ、転職市場において求められる人材は、どこにでも居る人並みレベルのものではなく、特定の分野に特化して高度な専門的知識やスキルを持つ人であり、逆にそれだけのレベルの実力があれば、売り手市場でどのような将来のキャリアも望むがままともいえるのです。もちろんこのような人材は、現実問題として不足しており、企業側も現場経験までをも厳しく求めていては、人材獲得もままならず、従ってある程度の知識の習得が認められれば、後は現場での実績次第であるようです。

長く一つの会社に勤めるということ

ここでエンジニアとして長く一つの会社に勤めるということには、メリットとデメリットがあるといえます。会社の規模にもよるものの、会社の経営方針や業務内容に応じて、自分のキャリアの幅が狭く限定されがちであることは否めません。たとえ新しい技術や知識に興味があっても、いざその現場を担当することは叶わず、同じような仕事ばかりを日々繰り返していて、成長するチャンスを与えられないということもあり得ます。
また会社の一定のやり方に慣れて、その会社でしか通用しないようなキャリアを築いてしまったり、あるいは社内人事上の方針から、万遍なく広く浅く様々な業務経験を積むことで、人並み以上に頭一つ抜きん出るような高い実力を身に付けにくい環境である場合もあります。

転職によって掴むチャンス

一方転職をするためには、その希望する企業側の内情に応じた実力が求められるものの、注意深く相手先を選べば、自分のキャリアアップに着実に繋がります。もちろん転職を希望する人すべてが、転職に成功して満足する結果となるとは限りませんが、そもそも挑戦しなければ希望を叶えるチャンスすら掴むことができません。
転職することによって、前職とは異なる会社ごとの仕事のやり方や流儀に戸惑うこともあるでしょうが、逆にそれを経験することによって、ある程度どこででも通用するような汎用性の高さや柔軟さや幅の広さを身に付けることができます。プロジェクト単位で仕事をすることの少なくないネットワークエンジニアであれば、慣れた相手ばかりではなく、新たな人間関係を素早く円滑に築く能力やコミュニケーション能力も評価されるでしょう。

これを読んでキャリアウーマンになろう

転職で身に付く専門性

一つの会社に長く勤めるということは、様々な業務を広く浅く経験するという上では良いのかもしれませんが、その反面、専門性が育たないとの指摘もあります。社内で希望するような業務を担当できる保証はなく、また毎日同じような仕事ばかりを繰り返していて、キャリアアップにつながらないということもあります。その点、注意深く相手先企業を選んで転職をすれば、思い通りの将来を手に入れられるチャンスを掴み取ることができるのです。

とことん仕事を楽しむ姿勢

仕事を嫌々やるよりも、楽しむ方が、スピードも上がり、完成度も高まり、ストレスを感じることなく、しかも実力が身に付きます。このようなプラスの相乗効果を自らもたらすために、小さな達成感を積み重ねる日々の工夫が大切です。ゲーム感覚で毎日小さな目標を立てて、それを実現することを習慣付けるのです。まずは苦手を得意に変えることから始めましょう。不測の事態やトラブルですら、楽しめるようになれば、紛れもない本物です。

完璧なスケジュール管理

社会人のマナーの中でも、約束を守るということは基本中の基本です。仕事の納期やアポの日時など、日々いくつもの仕事を抱えている多忙な身にとって、スケジュール管理が最も重要と言えるでしょう。次々と入る仕事の中で、優先順位を常に意識しながら、残業をしなくても済むように、経験からある程度正確に見積もった時間内に、一つ一つの仕事の工程を着実に終わらせることを考えるならば、完璧主義に囚われないことも大切なのです。