活躍する女性ITエンジニアたち

ネットワークエンジニアはフリーランスとして高収入を狙う

女性エンジニアとしてIT業界で活躍しよう!

ネットワークエンジニアがチャンス

高収入を狙うならフリーランス

ネットワークエンジニアの働き方

今やフレックスタイム制や在宅勤務が、大企業にも一部導入されつつあるなど、近年日本人の働き方も多様化しています。これまでのように一緒に机を並べて、決められた時間に出社して、決められた時間まで会社に留まるという拘束された環境から離れても、生産性やコミュニケーションの上で、問題なく仕事ができるとする一定の評価もあり、むしろ子育てや介護といった社員の生活環境の変化に応じて、限られた労働力と、何よりもやる気を最大限に引き出す工夫として、積極的に採り入れている企業も見受けられます。
そしてネットワークエンジニアの場合にも、企業の業務のアウトソーシング化が進む中、より自由な働き方であるフリーランスとして活躍する人が増えています。業務内容によっては、それぞれのプロジェクトチームに参加するなどといった形で、ある一定期間は社内に常駐するような場合もありますが、基本的に案件ごとの業務を受託する契約を結び、仕事の完成と引き換えに報酬を得ます。実力勝負のIT業界において、求められるレベルは高く、専門分野に特化した人材は特に引く手あまたとなっており、その分高収入を期待できます。

フリーランスの収入

ITエンジニアとして働くにあたって、フリーランスも契約社員も派遣社員も、外見上あまり違いがないように見えますが、フリーランスは個人事業主であるため、業務を受託する依頼主企業と対等の関係で契約を結ぶことになります。従って原則としては仕事を選ぶ自由がありますし、報酬もクライアントとの交渉次第といえます。

これまでのマッチング実績により企業からの信頼が厚く、高い発注金額で案件を獲得できています。

レバテックフリーランスから引用

「レバテックフリーランス」はエンド直請け案件を数多く取り揃えています。
Web系の案件情報ならこちらのサイトがおすすめ
Web系の案件情報ならこちらのサイトがおすすめ

また仕事の完成に対する報酬の支払いであるため、仕事の完成までにどれだけの時間を掛けたかといった点は、何ら考慮されませんし、管理されることもありません。そのため一日のうち何時から仕事を始めようと、何時に仕事を終えようと自由ですし、ゆっくりとランチを楽しんでも、昼寝をしても、誰に文句を言われる筋合いもないのです。仕事が早く出来上がれば、その分余った時間を更に他の仕事に振り向けることもできますし、単価の高い仕事を受注できれば、それだけ収入も増えます。

フリーランスの人間関係

またフリーランスには、契約ごとに新たな人間関係を一から築かなければならないという苦労はありますが、ある程度の距離感を保ちながら、割り切って仕事をすることができます。

ALJ”JOBの運営元はシステムインテグレーターなので
信頼ある取引先のみ、ご紹介いたします。

エーエルジェイジョブから引用

「エーエルジェイジョブ」は厳選した取引先から条件に合うものを提案してくれます。
Web系の案件情報ならこちらのサイトがおすすめ
Web系の案件情報ならこちらのサイトがおすすめ

そのため逆に考えれば社内エンジニアのような、職場の濃い人間関係に悩まされることも、煩わされることも少ないと言えます。企業風土や上司の物の考え方など、会社に雇用されているが故に従わざるを得ないような、独特の空気やしきたりに神経を擦り減らす必要はないというわけです。

これを読んでキャリアウーマンになろう

転職で身に付く専門性

一つの会社に長く勤めるということは、様々な業務を広く浅く経験するという上では良いのかもしれませんが、その反面、専門性が育たないとの指摘もあります。社内で希望するような業務を担当できる保証はなく、また毎日同じような仕事ばかりを繰り返していて、キャリアアップにつながらないということもあります。その点、注意深く相手先企業を選んで転職をすれば、思い通りの将来を手に入れられるチャンスを掴み取ることができるのです。

とことん仕事を楽しむ姿勢

仕事を嫌々やるよりも、楽しむ方が、スピードも上がり、完成度も高まり、ストレスを感じることなく、しかも実力が身に付きます。このようなプラスの相乗効果を自らもたらすために、小さな達成感を積み重ねる日々の工夫が大切です。ゲーム感覚で毎日小さな目標を立てて、それを実現することを習慣付けるのです。まずは苦手を得意に変えることから始めましょう。不測の事態やトラブルですら、楽しめるようになれば、紛れもない本物です。

完璧なスケジュール管理

社会人のマナーの中でも、約束を守るということは基本中の基本です。仕事の納期やアポの日時など、日々いくつもの仕事を抱えている多忙な身にとって、スケジュール管理が最も重要と言えるでしょう。次々と入る仕事の中で、優先順位を常に意識しながら、残業をしなくても済むように、経験からある程度正確に見積もった時間内に、一つ一つの仕事の工程を着実に終わらせることを考えるならば、完璧主義に囚われないことも大切なのです。